バックアップ
Omega Chart このアイコンをクリックすると起動します。

初回起動したときにバックアップをとることをオススメします。

バックアップするものは「default.omega」と「options.conf」です。

それぞれのある場所は、インストール時にインストールフォルダを変更していなければ、
default.omega:
「マイコンピュータ」→「ローカルディスク(C:)」→「Program Files」→「Omega Chart」→「extension」
options.conf:
「マイコンピュータ」→「ローカルディスク(C:)」→「Program Files」→「Omega Chart」
です。

options.conf は初回起動後に作成されますが、default.omega は最初からあります。

適当な名前(例えば backup など)のフォルダを作成し上記2つのファイルをコピー&貼り付けしておきましょう。
Omega Chartインストーラーもいっしょにそこに保存しておくといいと思います。

バックアップをとっておく理由はこの時点ではわからないかもしれませんが、将来いろいろとカスタマイズしてトラブルが起きた場合に役立ちます。

インデックスの更新

OmegaChartをインストールしただけでは株価データが古いので最新の株価データに更新します。

インデックスファイルのダウンロード 「ファイル」→「インデックスファイルのダウンロード」をクリックしてインデックスファイルを最新のデータに更新します。

インデックスファイルとは銘柄名や証券コードなどです。
2部から1部へ昇格、上場廃止、合併、社名変更などがあるのでこれを更新する必要があります。
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO