ボリュームレシオ(VR)は計算方法が複数あって、本によって計算式が違うのですが、代表的なものは以下の2つです。

U=期間内の株価上昇日の出来高合計
D=期間内の株価下落日の出来高合計
S=期間内の株価変わらずの日の出来高合計

VR(1)=(U+S/2)÷(D+S/2)×100

指標値は0以上となり、上限はありません。上昇と下落が均衡しているとき(U=D)は100となります。
3点チャージ投資法ではこのVR(1)が使われています。

VR(2)=(U+S/2)÷(U+D+S)×100

指標値は0〜100の間に収まります。上下均衡しているときは50になります。

スクリーニングソフトがVR(2)で計算式を採用していると、全く違う結果になるので注意が必要です。

スクリーニングソフトがVR(2)で計算している場合、買いはVR30以下売りはVR70以上、とすると大体同じような結果が得られると思います。
これは明地文男氏の著書には書かれていません。個人的な見解です。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO