損切り目処を割ってしまって、損切りすることもよくあります。
下記が損切りの例。

3点チャージ投資法 損切りの例
01/7のほうは、3番目のの日(陽線の日)に買って、その3日後の20万円割れで損切り。
また最後のの日に買って、3日後の大陰線で売り。

01/9のほうは、2番目のの日の終値あたりで買って、その4日後に、買った日の安値を割り込んだところで損切りです。
さらに3日後に買い、2日後に10万割れで損切り。
また翌日買って、その後は10万割れしてないのでしばらくホールド。

やるならそんな感じですが、実際の場合は下降トレンドみえみえなので何も売買しない可能性が高いです。

損切りは必修科目

3点チャージ投資法に限らず、短期投資では損切りは避けられません。
慣れないうちは断固たる決意を持っていないと損切りできないものですが、慣れればそれほど辛くはないと思います。
野村證券バーチャル株取引トレダビ などで練習してから投資をしましょう。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO