3点チャージ投資法は個人投資家の明地文男氏が考案した株投資法で、 移動平均乖離率、RSI(相対力指数)、VR(ボリュームレシオ)を組み合わせた投資法です。

けっこう有名な投資法で、株初心者から上級者まで、頭の片隅に置いて投資をしている方は多いのでないでしょうか。

3点チャージ投資法は、移動平均系、オシレーター系、出来高指標系の代表的なテクニカル指標を組み合わせることで精度を高めています。

要点が下記の表。(詳細は明地文男氏の著書に書かれています)

指標 分析日数 買い条件 売り条件
移動平均乖離率 26日 -15%以下 15%以上
RSI 14日 25%以下 70%以上
VR 25日 70%以下 250%以上

3つのテクニカル指標が同時に条件を満たしたときに売買します。

成功例

ローソク足の近くにある●が買いシグナルの出た日●が売りシグナルの出た日です。
3点チャージ投資法 成功例
きれいに底と天井でシグナルが出ています。

3点チャージ投資法は売られすぎた(買われすぎた)状態を見つけて買い(売り)シグナルを出すという投資法です。
成功すれば見事に底を的中させますが、失敗した場合はさらに下げ続けて悲惨なことになります。

失敗例

3点チャージ投資法 失敗例
買いシグナルが出続けながら下がり続けてしまいました。

3点チャージ投資法は株投資法としては悪くないと思います。
大体65%前後の確率でプラスになると思います。

しかし、9勝1敗だったとしても、その1敗が大敗では意味がないので、大負けを回避する改良を検討していきます。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO