1.本を読んだり、セミナーに行く
2.その投資法をやってみる
3.成功・失敗(特に失敗)の原因を考える
4.(できれば)自分なりのアレンジをする
以下くり返し

要は「喰らって覚える」ということです。

いろんな投資法の本があり、この投資法でウハウハだぜ!とそれぞれの筆者が主張しています。
100%完璧な投資法は存在しないと思っていますが、それらの投資法が一考に値するとは思います。 その筆者はそれで成功しているわけですから。(ウソくさい本もありますが)

読者としてはその本の通りにやって成功するパターン・失敗するパターンを見分けなければなりません。

「本に書いてあるとおりにやったのに儲からねーぞゴルァ!」ということはよくありますが、投資本には失敗例・弱点はほとんど載っていません。 出版する側からすれば失敗例書きたくないですよね。

ですからやはり喰らって覚えるしかないのです。

しかし、いきなり実戦でやると大損する可能性があるので、バーチャル株ゲームや、OmegaChartのシミュレーションで実験をしてから本番で使います。

バーチャル株ゲームができるサイト   → 野村證券バーチャル株取引   →トレダビ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO